BLOG

電照菊(関澤)

2018/10/23

《電照菊》

中部地方の農業の授業をするときに必ず教える、田原で行われている電照菊。
実際にどのように栽培されてるかを知るチャンスがあったので、『電照菊ナイトツアー』なるものに参加してきました。

先ずは主催者の方が、渥美の農業・花き栽培の状況を映像を使って説明してくださり、その後実際に菊の成長状況が違うハウスに入らせてくださり、実物を目にしながらお話をしてくださいました。
とても分かりやすく、説明も一つ一つが丁寧で、自分の疑問に思っていたことも解決しました。
電気を照らす時間の管理。
菊への水やり、農薬の散布など…。
思っていた以上にオートメーション化されており驚きました。
とてもいい体験をすると同時に、一番感じたのは主催者の方の熱意でした。
菊といえば“お墓や仏前に供える花”という、あまりいいイメージのないものではないでしょうか。
それを、ブライダル等にも使える花であるというイメージ戦略をしたり、今回のように電照菊を知ってもらうためのイベント開催したり。
また、トヨタ自動車で働かれている方をハウスに招き、どう改善するとより効率的・効果的な栽培ができるかなどの意見を聞き、取り入れたりと、渥美の電照菊の将来を考え、様々な行動をされていることにとても感動しました。

今回の体験を通して、自分自身ももっと先のことを見据えて行動しなければと思いました。

(関澤)