BLOG

見えないところでも(中川)

2018/11/13

《見えないところでも》

 

知人の柿農家さんから

「受験生には縁起物でしょ(^^)」

といっていただいた

五角(合格)柿。

 

それから

「珍しい形だから、これも!」

っていただいた

鷲の嘴みたいな形の柿(笑)

 

なんか

どっちも合格を引き寄せてくれそうで、

子供たちに御披露目!

鷲って

強そうだし!

 

ふと思ったのですよ、

(この柿をくださった柿農家さんは

うちの子たちとは縁もゆかりもないんだよね。

で、私だってそこまで深いお付き合いがあるわけではないのよね。

なのに、こうして

受験生のことを気に掛けてくださる。

ありがたいな、

恵まれてるな)とね。

子供たちにも、

こんなふうにして

視界には入らないところからでも

応援してくれてる人がいるんだって

伝えたい。

 

見えないところで、ってことなら

こんなこともあった。

 

久しぶりの月曜日の授業。

中2の往完校での授業は2週間空いてしまったので、

ホントに久しぶり。

その、久しぶりに顔を合わせた子供たちの中の

一人の男の子が

帰り際、おもむろに主語もなく私に声を描けてきたのだよ、

「先生!観ましたよ!」って。

(はて?観たって何を?)

と思ってピンときた!

(もしや、映画のことか?)

 

「あ!ボヘミアン・ラプソディー?」

という私の言葉に

彼は即答で

「そうです!先生がいいって書いてあったから!

たしかに、めちゃめちゃよかったっす!!!!! 」

という言葉をくれた。

嬉しかったなぁ!

この学年にはその映画の話をしていない、

というか、する機会がなかった。

ということは、彼はこのブログで知ってくれたということになる。

ああ。

ブログ、読んでくれたんだなって

実感が沸いた。

こんな拙い文章でも、

見えない誰かの元に届いてるんだな、と思ったら、

どこで、誰の目についてもいい文章を、と思うし、

どこで、誰に会ってもいい行動を心掛けたいものだと肝に命じるのでありました。

(中川)