BLOG

躾(中川)

2019/02/12

《躾》

 

【しつけ】

「躾・仕付けまたは仕付」とは、人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるよう訓練すること。概念的には伝統的な子供への褒め方や罰し方も含む。(以下、略。ウィキぺディアより引用)

 

私たちの塾では、しつけには少々うるさい。

 

○きちんとした挨拶

○靴をそろえる

○勉強中に出た消しゴムのカスは捨てて帰る

○授業中の姿勢 等々…

 

細かいことかもしれない。

そして

当たり前のことかもしれない。

 

でも

その『当たり前』きちんとできることって

何よりも大切だと思う。

私は《躾》という字が好きだ。

「身を美しく」

なんてきれいな文字で

なんてきれいな意味だろうと思う。

この「身」には、内面の意味も含まれると思っているから

まさに躾とは

身のこなしだけではなく

周りの人に嫌な思いをさせない、

他人にさりげない気づかいができることもありだと思っている(個人的にね)。

 

最近、非常に見苦しい動画を目にすることがある。

まさに『不躾』だと思う。

躾とはなんぞや、ということを

今一度

考え、

これからの未来を担っていく子供たちに伝えていかなければならないと思う。

(中川)