BLOG

ここらで改めて、プラスワンの教師紹介を① 関澤先生(中川)

2019/05/15

《プラスワンの教師紹介①》関澤先生編

 

プラスワンの社会と国語のプロフェッショナル教師が関澤先生です。

 

プラスワンの教師の中で、最も行動力のある方だと思います。

広島出身でありながら、豊橋や東三河のあれこれにかなり精通しています。

また、この地域の各界の様々な方々と面識・交流があり、その幅の広さはプラスワン教師の中では群を抜いています。

尊敬すべきは、その幅広い人脈をすべて、自分から積極的に動いて広げているということです。

「すごいですね、なぜそんなにできるんですか?」

私が尋ねると、

「友達が少ないからですよ。」

と謙遜していらっしゃいましたが、関澤先生で友達が少ないとなると、私など友達がいないことになってしまう・・・(^^;

 

更には趣味も充実していらっしゃいます。

写真を撮るのが好きというのはこのブログでも度々語られいていますが、それも積極的に展示会などに出品したり、美しい景色を求めて遠くまで足を運ばれています。

食通でもあって、いろんな飲食店を知っているだけではなく、その店主の方とお知り合いのことも多いです。

どれもやはり、自分から積極的に行動された証ですよね。

 

授業は言わずもがな、入試の分析・洞察力も確かなもので、よく入試予想を当てています。

卒業生の作文には毎年、関澤先生の作られるプリントのクオリティの高さも多く綴られていますね。

 

学生時代は大学まできっちり運動部に所属して心身ともに鍛え上げてきた関澤先生。

楽しい授業の中にも、時には厳しい面が垣間見えることがあるでしょう。

でもそうやって子どもたちにあれこれ言えるのは、こうした自らの行動と実績があるからだと思います。

 

(中川)