BLOG

プラスワンの教師紹介② 赤坂先生編 (中川)

2019/05/21

プラスワンの教師紹介②

《赤坂先生》

 

プラスワンの第1期生たちはもとより、

プラスワンを始める前の塾時代から

不動の『面白い先生No.1』の位置に座り続けている赤坂先生。

毎年卒塾生たちの作文にも

その面白さが語られ、

私が厳しく指導し、固まってしまった子どもたちの教室でも

赤坂先生の授業でほぐれていくという

まさに童話『北風と太陽』の太陽!

(あ…、それじゃ私は北風か…(・_・;)、負ける側やん…)

本当に明るく優しく子供たちを包む、プラスワンの父、というよりとーちゃん、って感じですかね。

 

私が赤坂先生に抱いている印象はもう一つ。

とても家族思い、家族が仲がいいってイメージです。

ご自分のお子さんたちもプラスワンに通わせてくださっていますが、

その様子を見ていても

お子さんとの絆の強さを感じます。

 

理科的な情報にはアンテナを張っているようですね。

このブログでも少なからず紹介してくれていますよね。

理科を苦手とする子が多い昨今、

少しでも理科に興味を持ってほしいという思いの表れですね。

 

これもまた、子供たちの声でたくさん挙がるのが

『理科は苦手だけど、赤坂先生の授業は好き』ということ。

それだけ子供たちの心に入り込む人柄が出ている授業なんでしょう。

 

プラスワンのお笑いとーちゃん・赤坂先生の授業は

プラスワンの売りのひとつです。

私も『面白い授業』なんて言われてみたい!

 

(中川)