BLOG

勉強を教える前に(関澤)

2019/05/25

勉強を教える前に

 

テスト対策をやっている最中ですが、
最近つくづく思っていることがあります。

次に揚げる事例のようなものは、なにも学校や塾の教師だけの『あるある』ではなく、ご家庭で普段子供たちと接している保護者の方にも思い当ることがあるのではないでしょうか。

○自分の過ちや失敗したことを素直に受け入れて反省できない子に対して、勉強の取り組みなどのことに関して注意して、素直に聞き入れるだろうか。
○人に感謝のできない子に対して、アドバイスしたりその子の姿勢を直してほしいと思い注意しても、ただ「うざいな」と思われて終わってしまうのではなかろうか。
○家でゲームばかりしている子に対して、勉強の方法を教えて効果があるであろうか。

 

塾である以上、生徒たちの成績を上げていかなくてはなりませんが、

まずは挨拶をちゃんとするとか、
人のことばに素直に耳を傾けられるとか、
素直に自分が失敗をしたら謝ることができるなど、
人としての姿勢として大切な『当たり前』のことがきちんと身についていなければ、勉強のことを一生懸命教えても空回りするばかりではないだろうか、と思うのです。

だから生徒たちに対して、しっかり人間教育もしていかなくてはならないと思います。

まずは、それをわかってもらえるだけの人間力を持った教師でなくてはいけませんし、その上で、生徒との人間関係をしっかり作っていかなくてはと思っています。

(関澤)