BLOG

今日の言葉(中川)

2019/06/04

《今日の言葉》

 

私の自宅のカレンダーは日めくりカレンダー。

毎日めくるのが、私の日課になっております。

この日めくりカレンダー、31枚しかありません。(ただし、裏表あるので、厳密には31日が二回分)

だから、

1ヶ月経つと、また元に戻って来ます。

二カ月に一回、同じ言葉が回ってきている筈なのに、

その度ごとに、はっとさせられる言葉に出合えます。

 

で、今日出ていたのが写真の言葉

【努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのなら

それはまだ、努力とは呼べない

        王貞治】

 

多くの中学校で定期テストが実施され、

そのテスト結果が続々と出ている今、

子供たちにどんな言葉をかけていこう、

子供たちの心に届く言葉は何だろう、

と、毎日考えています。

 

たくさんの塾があります。

それぞれの塾の形態や方針は、その塾によって異なります。

とにかく成績に拘る塾

合格率に拘る塾

学校で困らないように指導にあたる塾

分からないところを分かるようにしてあげるという補習型の塾

やる気スイッチを押してあげる塾

どこが正解というのはないと思っています、

どの塾の先生方も、プラスワンの先生たちと同様、

“うちの塾”にプライドをもって子供たちと、そしてその保護者の方々と接していることでしょう。

プラスワンは、その名の通り

“学習+1(プラスワン)”

学習内容にもう一つ何かを分かってもらえたら、

もう一つ何でもいいから、身につけてもらえたら、

そんな思いでいます。

私の中では今、どうやって心を磨くか、ということを考えています。

子供たちの性格によって

掛けていい言葉、使わない方がいい言葉は皆異なります。

集団指導の塾ですが、個々を大切にしてあげたいと思っています。

今日のこの言葉、

誰にでも響くものではないでしょう。

でも、

今日のこの言葉を見て

この言葉をかけてあげたい子の顔が浮かびました。

きっとこの子はもっと強くなる、

そう思うとワクワクします。

 

プラスワンにきてよかった!

そう言って成長を続けてくれている子供たちを誇らしくも思います。

 

ホンモノの言葉には、魔力があるんですよね。

私も『言葉の魔術師』目指しますか!(笑)

 

(中川)