BLOG

奮闘中です(関澤)

2019/06/27

奮闘中です

 

今、苦手な社会を克服しようと奮闘している中3の生徒がいます。
この生徒は以前から社会がとても苦手で、テスト勉強ではいつも社会を後回しにしていたような生徒です。

その子が、中2の学年末テスト前頃から志望校を意識するようになり、苦手な社会の勉強をするようになりました。
それまでは家で勉強をしていたのですが、集中するために塾の自習室を利用するようにもなりました。
自習室での勉強の様子を見ていると、社会に取り組んでいる時間が多くなりました。

また、この子のノートやプリントを見ると、分かっていない用語や覚えていない用語などにしっかり解説などを書き込んであり、その本気度は一目で分かります。

 


こんなふうにして、苦手な社会に取り組むようになってから、2年の学年末テスト、3年1回目のテストのふたつのテストがありました。以前より伸びてはいるものの、残念ながらすごい成果が出ているとは決して言えません。

 

社会を担当している身として、結果を出させてあげれないもどかしさを感じます。

そんな折、3年の2回目のテストに向けての勉強をしている少しの合間に、この子と話をする時間ができました。

この子は自身のこれまでの結果を振り返り、
「あれだけ勉強しても、満足できるような結果が出ていないけど、やってなかったらもっと悪い結果になっていたと思う。
だからこれかもしっかり社会に取り組んでいきます。」

と前向きな力強い言葉をくれました。


今回のテストでは、今までよりいい結果になることが十分期待できる頑張りを見せてくれています。とても楽しみです。
と同時に、この子がこの姿勢を続けられるようこれからもサポートしていきます。
そして、この子が苦手な教科に取り組めたように、他の生徒も苦手な教科に立ち向かえるように導いていきたいと思います。

(関澤)