BLOG

やってみる(中川)

2019/07/16

《やってみる》

 

プラスワンのクラスは各学年2クラス。

 

人数に応じてクラス編成は変わるけど、

 

今年は中3の人数が多いため、

 

春先に大幅なクラス替えを実施した。

 

特に

 

下のクラスから上のクラスに移動する者が複数。

 

その発表時

 

当事者たちの反応は2つ。

 

ひとつは「やった!がんばろう!」という上昇志向の強い頼もしい反応。

 

もう一つが「えッ?自分が?ついていけるか自信ないでやだな…」というもの。

 

前者はよい。

 

意気揚々と教室に入り、やる気を見せる。

 

後者の子たちはちょっと立ち止まる。

 

そういう子には必ず言う、

 

「あなたは多くの子たちの中で選ばれてチャンスをもらったんだから、とりあえずやってみな。やっってみて無理なら、下のクラスに席を戻せるから。」とね。

 

そんな子たちとの面談が

 

偶然にもこのところ、立ち続けにあった。

 

その誰もが

 

「上に行ってみてよかった。」という。

 

初めは尻込みしててた子たちが、だ!

 

「ついて行こう、と今までより一生懸命になれてる」

「上を見られて、勉強になる」

「やりがいがある」

「自分でもできるようになっていくのがわかる」・・・

 

など、

 

やってみたからこそわかったことが続々出てくる。

 

私が「ついて行くの、大変?」と聞くと

ある男の子は素直に「はい、大変です。」と応えた。

 

「なら、下に戻る?」と言うと

「それは嫌です。ここでやりたい。」と即答。

 

嬉しい反応!

 

人間は、上を向ける。

がんばって前進できる。

 

迷ったり、立ち止まったりしたら、

 

とりあえずやってみよう!

 

私もとりあえず、やってみる精神でいくよ(笑)

 

(ということで、またもや塾の先生らしくない髪色にしてしまいました(・_・;)。ディスられるのを覚悟しましょうか(笑))

 

(中川)