BLOG

気合いを入れた彼(赤坂)

2019/11/26

《気合いを入れた彼》

 

とある雨の日、娘を駅まで送っていきました。
駅に最も近い信号で止まっていました。
目の前の横断歩道を朝の通勤、通学の人々が渡ります。
その中の1人の青年がこちらを見ながらニコリと笑顔。
誰だか全く分からない。
自分たちに向けての笑顔ではないだろうと思っていました。
すると娘が「お父さん、R君だよ。分かってないらぁ。」

そりゃあ、分からないはずだ。
野球強豪校の生徒のような坊主頭だったのです。
卒業生の彼のそんな姿は見たことがありません。

娘を駅で降ろし、ロータリーをまわったところで彼と再びバッタリ。
彼は足を止め、私も車を止めました。
二言、三言の会話ができました。

高校3年生の彼は、大学受験に気合を入れるため坊主頭にしたそうです。
あの短い髪は、志望している大学への熱い思いを感じさせてくれました。。
合格にむけて、頑張れ!
(赤坂)