BLOG

心の支えになれるよう…(中川)

2020/01/22

《心の支えになれるよう…》

 

先週の金曜日。

(嗚呼、今年も来てくれた(*^^*))

なんて感慨が湧いてくることがありました。

 

3年前に卒塾した子どもたちは、高校生活を経て、現在は就職が決まっていたり、その先のことを考え自動車教習所に通う子だったり、大学や専門学校へいち早く進路を決めた子など、これまでにたくさんの報告を受け、たくさんの子どもたちから喜びのおすそ分けをしてもらってきました。

 

そして、そうでない子たちはほとんどが大学受験のために最後の《センター試験》に臨む模様。

毎年この時期になると、卒塾生が

「センター試験に行くので気合を入れて下さい!」

などと言ってやって来てくれます。

プラスワンでは高校生に授業は行っていませんので、本当になんの世話もしていないのに…です。

ありがたいというか、何というか(笑)。

今年もそんな子たちが来てくれました。

何をするでもなく、ハグして背中をたたいて緊張の塊を口から出してあげる、みたいな儀式(?)をしてもらいに来るんですよね。

何か効果があるかは分かりません。

それでも子どもたちはなぜか笑顔になって「頑張ってきます!」と帰路につきます。

 

そんなことしかできませんが、それでも何かしらの心の支えになれるなら、と思います。

 

私の目の前にいる高校受験を控えた中3生たちにも、最後の心の支えになれるよう、表面ではなく心に入っていける授業という時間をまだまだ築いていきます。

 

最後まで、っていうか私は関わった以上はずっと応援していきますよぉ!

皆様、覚悟しておいてくださいね(笑)

 

(中川)