BLOG

伝統を守る(関澤)

2020/02/10

「伝統を守る」

日曜日、天下の奇祭と言われる西尾市の鳥羽神明社で行われた「鳥羽大篝火」を見てきました。
この祭りは、1200前の平安時代から始まり、平成16年からは国の重要無形民俗文化財に指定されたお祭りで、日本一危険な火祭りと言われているものです。
境内には高さ5m、重さ2tの巨大な松明「すずみ」が2基設置され、火が灯されると、東西2組に分かれた「神男」たちが炎の中に飛び込み、中に納められた神木と十二の縄を競い合って取り出し、神前に供えることによって、その年の天候や豊凶を占うそうです。
目の前に設置された巨大な燃え上がる松明に飛び込む神男たち。
とても壮大かつ勇壮なお祭りでした。

今の世の中伝統を守り続けることはとても難しくなってきていると思います。
例えば大晦日の除夜の鐘。
夜中に鐘が鳴り続けてうるさいという人たちの声によって、昼に鳴らすようなお寺が出てきている状態です。
そんな世の中で、「鳥羽大篝火」のように伝統ある素晴らしいお祭りが続けられていることを嬉しく思うと共に、これからも守り続けられることを願っています。

(関澤)

 

3月から新学年の授業がスタートします。

体験授業、入塾受付中です。