BLOG

部活との両立(関澤)

2020/06/26

「部活との両立」

先日、バスケ部に所属している男の子が入塾してくれました。
バスケといえば「スラムダンク」!バスケをやっている子なら必読書!特にバスケ男子にはバイブルでしょう。自分もスラムダンクはかじっていたので、彼とスラムダンクという共通の話題で少し盛り上がりました。

考えてみると、自分が部活をやっていた頃はまだまだ『根性論』全盛で、長時間練習はけっこう当たり前、気合いがあれば何とかなると教えられ、認識されていた時代だった気がします。(その典型的なものが『うさぎ跳び』なのかもしれませんね…)
しかし、今は部活にも科学的見地に立った指導法であったり、体幹を鍛えるトレーニングを導入するなど、部活といっても、体を効率よく働かせるための思考力や知識が必要になってきているのではないか、と思います。だから競技の練習だけをやればいいのではなく、自ら考え、前進していくための知力の必要性を感じずにはいられません。だからこそ勉強との両立をしっかり図っていかなくてはならないと思います。
今回入塾した彼の好きなスラムダンクのキャラは、三井寿だそうです。
三井寿という選手は、将来を期待され尊敬する安西先生が監督をする湘北高校に入学するも、ケガに悩まされ挫折し不良化し、一時期はバスケから遠のきます。しかし「バスケがしたい」という思いで湘北バスケ部に戻り、湘北バスケ部の快進撃を引っ張った一人です。
今回入塾した彼、バスケがしたくて行きたい高校ができたそうなのです。そしてその高校に入れるようプラスワンに入塾したそうです。
その思いを持ち続け、あきらめの悪い三井寿選手のように、何事もあきらめずに頑張ってほしいと思います。

(関澤)