BLOG

夢の共有(関澤)

2020/09/24

「夢の共有」

 

豊川にこの9月にグランドオープンした「グレープパークコート」に行ってきました。
この施設はカフェを併設している、誰もが自由にプレーすることが出来るバスケットコートで、ZIP-FMでナビゲーター、そして豊川市の観光大使も務める小林拓一郎さんが、クラウドファンディングを利用して作ったものなんです。
小林さんは幼い頃からバスケに励み、高校卒業後にNBA入団を夢見て渡米するも帰国し、現在はBリーグのシーホース三河でホームコートMCを務めるほどのバスケット好きなんです。
そんなバスケット好きな小林さんは、ブドウ農園を営んでいた父親が亡くなられたことをきっかけに、
「子どもの頃、アメリカのストリートのような近場で気軽にバスケができる場所が欲しいなーと思っていた。しかし、この豊川にはそんな施設がない。ないなら、自分で作ってしまおう」と、この度夢を実現し、バスケットコートをオープンしたのです。
クラウドファンディングを利用して作った施設なので、施設内やコート内には、出資したであろう方や企業の看板や名前が至る所にありました。
小林さんの夢に賛同された方が、たくさんいることが伺えます。

自分の職業もある意味子どもたちの夢の実現を共有できるものだと思います。
最終的には応援しか出来ませんが、これからも生徒たち夢の実現のために、手助けをしていきたいと思います。

(関澤)