BLOG

嬉しい再会(中川)

2020/09/29

《嬉しい再会》

 

昨日、桜丘高校・英数科の先生方が学校紹介と高校説明会のパンフレットやポスターを持って来て下さいました。

来てくださった先生の一人は、私たちプラスワン講師たちの教え子でもありました。

まだプラスワンができる前に身を置いていた塾の卒塾生。彼女のことはみんな忘れていません。優秀な女の子で、マイペースでありしっかり者の天然系(笑)。

教室の入り口に貼ってある歴代のプラスワン卒塾生の寄せ書きを見ながら、「どの先生も知っていますよ!(^^)!」と、同行してくださった先生に紹介していました。

彼女には、プラスワンの卒塾生もたくさんお世話になっています。なんだかとても嬉しいです。

昔は教える側と教えられる側だった者がこうしてお互い子どもたちを指導する同じ側に立っていること。立派にその役目を果たしていること。

そして[先生]と呼ばれるようになった彼女が、相変わらず(当たり前かもしれませんが)私たちを「先生」と呼んでくれること。

くすぐったいような感慨深さがありました。

 

最近、10年以上前の教え子が連絡してきてくれることがわりと多く、彼らが大人になったんだなぁと実感させられます。

私は彼らを15歳までしか見ていませんし、長い子で5年、短ければ1年に満たない子だっています。

それでも、私を忘れないでいてくれるってすごいことだなぁ、と思います。

再会したときに「???誰???」って思われないように、変わらない私でいよう!

その代わり、子どもたちには「わー!(^^)!成長したなあ!!!!!」って変化を期待しちゃいたいと思っています。

この仕事をさせていただいていて、嬉しいことのひとつです。

 

(中川)