BLOG

苦いもの(赤坂)

2020/11/24

《苦いもの》
私は10代後半からコーヒーはブラックで飲んでいます。
違いが分かる男だからです。
いやいや嘘です。
味の中でも『苦味』って、美味しさが分かるにはかなり時間が必要ですよね。
小学生なんかは苦味の良さが分かる子は非常に少ないですよね。

正直、若い頃はカッコつけるためにブラックコーヒーを飲んでいました。
渋いかっこいい男性はコーヒーをブラックで飲む方が多かったからです。
そんな人達にあこがれていたからです。
正直、飲みながら『苦いなあ。』と思っていました。

でもいつからでしょうか、程よい苦味が美味しく感じられるようになりました。
ゴーヤチャンプルーやフキノトウの天ぷらやすき焼きの春菊なんか大好きです。
所ジョージさんも『苦みを美味しく感じた時に、俺も大人になったんだと感じた。』と言ってました。

長く人生を歩んでいると、苦い経験をしない人はいませんよね。
だから大人はちょっとした味の苦さなんて大したことではなくなるんでしょうね。
そして、この苦味を楽しむ余裕みたいなものができるのではないでしょうか。
私もそんな大人になっているのでしょうかね。
みなさんはいつから苦さを受け入れられるようになりました?
(赤坂)