BLOG

漢字200問テスト(中川)

2020/12/19

《漢字200問テスト》

 

 

プラスワンでは恒例となっている『漢字200問テスト』。今回は第2弾!

 

本日の夜、中3生たちのテストをもって終了となるが、今のところ…

○中1・満点10名

○中2・満点6名

である。

 

こんなに満点が出るのは、うちとしてはすごいこと。

頑張ってる子が多くて嬉しい(^-^)

 

ただ、中には漢字だけはできるけど…という者もいる。

そういう子は大抵、漢字を単品で、そして単純に「覚える」という作業をしている。そしてテストが終わると急激にその形が薄れていくようだ。

 

漢字を侮るなかれ!

漢字には意味があり、その意味を形と同時に知っていくことで、使えるモノになるのだ。

意味もわからずやみくもにただ漢字を書く練習をしているなら、それは本当に勿体ない時間の使い方をしている。

書く練習と共に、部首や読み(音や訓)、できれば形成される過程なども知るといい。

そうすればおのずと語彙も増え、使える知識になる。

そもそも、漢字テストで単品漢字が出てくることはほとんどなく、大抵は一文の中に組み込まれ、カタカナを漢字に直せ、漢字の読みを書け、という問題になっている。

その一文によって、どんな漢字を使うべきなのかも知ることができるようになってるんだ。どういう場面で使われるのか、いい例がいつも目の前にあるのだ。

 

『たかが漢字、されど漢字』ではなく、『国語は漢字から始まる』といってもいい。

プラスワンの国語は、漢字にウルサイ(笑)

徹底してやってもらう。

 

その際、意味・部首・成り立ちなども付随させる学習ができる者が、国語力を手にする近道を歩くと思う。

 

 

さて、本日の中3生!

期待してますよぉ!

 

(中川)

 

 

 

小6中学準備講習生、只今受付中です。