BLOG

思いは届く(中川)

2021/03/25

《思いは届く》

 

先日、関澤先生が『卒業作文は自分への通知表』と綴ってましたね。

私も同じです。

子どもたちが残してくれる言葉のひとつひとつを、噛みしめ振り返りながら、反省しながら読み返します。

足りなかったことは思い浮かぶのに、子どもたちの言葉は感謝であふれていて、本当に温かくて、泣きそうになります。

『あれでよかったんだろうか』と、毎年毎年新たな反省と課題も浮かび上がってきます。そして、毎年修正・改善!

 

ただ、毎年変わらないのは、子どもたちに対する思い。

これだけは譲れない!と強く言えます。一所懸命思いを伝えているつもりです。

それでも(伝わったかな。)(分かってくれたかな。)その繰り返しではあります。

 

火曜日、1年ぶりに訪ねてきてくれた高校1年の3人組。みんな第1志望校に合格してくれました(^-^)。そして、卒塾パーティーをとても楽しみにしてくれていたのを覚えてます。

でも昨年はそのパーティーができませんでした。それから疎遠になってしまった気がしていました。

ところが火曜日突然やってきて、この1年の報告をしてくれました。

「どっかに行くついでに寄ってみた感じ?」と聞くと「ちゃんと報告しに来たくて、みんなで時間決めて来たんだよ!」と笑顔で話してくれました。

嬉しかった!!!!!

彼女たちは、なかなか言うことを聞いてくれない、手を焼いた子たちでもありました。

叱ることも多くて、心が離れていってないか懸念することも多かったです。

それだけに、嬉しかった!!!!!

思いはちゃんと届いてたんだな、と彼女たちの笑顔を見て感じました。

 

また水曜日には、やむを得ず卒塾を待たずにうちを去った女の子が、受験の結果を報告しに来てくれました。

「もう随分前に塾生ではなくなってしまったけど、中川先生にはどうしても直接報告しに来たくて…。」と、手紙を握りしめて来てくれました。

その中には、私がいつも励ましてくれていたこと、授業中に歌ってあげた『手紙』がとても響き、くじけそうになると聞いていてくれてたこと、掛けた言葉の数々が綴られていました。

思いは届いててくれたんだなぁ、とまた思わせてくれました。

 

私には、たいした力はありません。

それでも1人1人に向き合う気持ちはいつも誰にでも同じ熱量です。

また1人でも多く役に立てるように、手作りの対応をしていこうと、引き締まる思いにしてもらいました。

こんな子どもたちと出会えている私は恵まれています。

 

また、この時期が来ました。

『手紙』、歌ってみようかな。

 

(中川)

 

4月生、受付中です!

スムーズに授業に入ってもらえるよう、数学の補習はありますので、安心して体験に来てくださいね!