BLOG

気付き(関澤)

2021/06/10

「気付き」

先日中学2年生の社会の授業で、食料自給率を取り扱いました。
最近の定期テストや入試では、資料について正しく述べているものを選ぶという問題が出されますので、時間の許す限り表を見て分かることを生徒全員に発表してもらうようにしています。
掲載した食料自給率の表を見て、生徒に一通り意見を言ってもらったあと、自分が総括します。


関澤:全体的に食料自給率が、下がってきていることが分かると思う。
   じゃ食料自給率が下がってきているということは、食料を日本はどうしているの?
生徒:外国から輸入している。
関澤:食料を外国からの輸入に頼っていいの?
生徒:だめ~
関澤:何で駄目なの?
生徒:輸入が止められたら、食料が日本に入ってこないから。
   それに外国の食糧は、安全とは限らないから。
関澤:そうだね。
   では、もう少しポイントを絞ってみよう。
   食料自給率が低いものを2つ言ってごらん。
生徒:小麦と大豆。
関澤:特に大豆の食糧自給率低いね。
   これって、日本の今後の食文化にとって大問題なんだよ!
   日本人にとって大切な調味料がなくなってしまうかもしれないんだ。
   じゃ大豆から出来る調味料って何?
生徒:豆腐。
関澤:それ調味料じゃないね。
生徒:わかった~、醤油。それと味噌だ~。
関澤:醤油と味噌がなくなったことを考えてごらん。
生徒:やばいじゃん。刺身なんか醤油なしじゃ~食べれんし。

この授業の過程で、大豆から醤油と味噌ができることを知った生徒もいます。
そして多くの生徒が、現在普通に使っている醤油と味噌がなくなるかもしれないことに気付きます。
5教科の中で、社会は今起きていることを知ることができる教科だと思っています。
ただテストに出るからだけではなく、今後生徒たちが社会で生き抜いていくためにも、今起きていること、今後起こるであろう出来事を知っておいてほしいと思います。そして、そこから色々なことに気付いてほしいと思います。

 

このあとある生徒がこんなことも言ってきました。
生徒:小麦の自給率が低いのは、先生にとってもヤバいね。
関澤:何で?
生徒:だって、ラーメンって小麦から出来ているんだよね。
   先生にとっては大問題じゃん。

生徒たちは、笑っていました。

(関澤)

 

期末テスト対策実施中です。

 

新規生徒受付中。