BLOG

重陽の節句(関澤)

2021/09/09

「重陽の節句」

 

さて昨日9月9日は、五節句の一つの重陽の節句の日でした。
節句では、5月5日の端午の節句は有名ですよね。
では節句とは何かというと、中国の陰陽五行説を由来として稲作を中心とした日本人の暮らしに合わせて取り入れたもので、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日なのです。
具体的に五節句とは、
1月7日は、人日の節句(七草の節句)
3月3日は、上巳の節句(桃の節句)
5月5日は、端午の節句(菖蒲の節句)
7月7日は、七夕の節句(笹竹の節句)
9月9日は、重陽の節句(菊の節句)
以上のことを表します。

重陽の節句の日は、菊の節句とも言われ、菊の花によって邪気を払う大切な節句で、菊の花を浮かべた菊酒を酌み交わして祝い、また前夜、菊に綿を置いて、露を染み込ませ菊にかぶせた真綿の露で体をぬぐって長寿を願ったそうです。
また旧暦の9月9日は、現在では10月にあたり、秋の作物の収穫時期でもあります。ですから一般庶民には栗の節句とも呼ばれ、栗ご飯など食べて節句を祝ったそうです。

なかなか季節感を味わえなくなってきましたが、季節の移り変わりを感じられる心のゆとりを持てるといいですね。

因みに菊といえば、田原市が全国第1位の生産を誇り、出荷額では全体の約35%も占めているんです。さらにこれからの時期、電照菊の生産も盛んになり、夜にはライトに照らされたハウスをたくさん見ることができます。田原市の秋の風物詩ともいえる電照菊。機会があればそんな風景の中の「秋」も感じてみてください。

(関澤)

 

プラスワンでは、小学5年生~中学3年生の体験授業・入塾を随時受け付けております。