BLOG

漢字の意味を考えよう(関澤)

2022/01/22

「漢字の意味を考えよう」

 

教えている教科のひとつが社会なので、生徒に「覚えよう!」という機会は多々あります。
ただ最近特に思うのが、『生徒は、ただ字ずらだけを追って覚えている』ということです。
漢字で表されているのだから、もっと漢字の意味を考えて覚えれば、すんなり頭の中に入っていくし、知識として定着するのになと思っています。

先日中2の東北の伝統産業の授業で、こんなことがありました。

「青森県は津軽塗、福島県は会津塗が有名なんだよ。
これって漆器なんだけど、漆器って分かるか~?」
と聞くとクラスの半分ぐらいが、分かると手を挙げました。

「じゃ~分からない子は、『漆』って訓読みで何て読むか考えたら分かるよ。」
すると何人かの生徒が「うるしって読む~」と。

「そう漆で塗られた器のことだよ。箸やお椀、お盆、そして正月にお節などを詰めるお重なんかがそうだよ。」と。

漢字の意味を言って、具体例を言うと生徒たちもすんなり納得します。

中1のマルコ・ポーロが記した『東方見聞録』なんかもそうです。
「マルコポーロは、イタリア人なんだから中国や日本は東の方にあるよね。
だから東の方で、見て聞いて記録したものなんだよ。」
これも生徒たちはとても納得します。
漢字の意味をしっかりとらえれば、分かりやすいですよね。

これからも生徒たちの頭に、知識がすんなり入っていきやすい授業を心掛けていくと共に、生徒自身が考えて覚えられるように導いていきたいと思います。

(関澤)

プラスワンでは、3月から新年度を迎えます。ただいま新規生徒受付中です。