BLOG

理解すれば面白い(関澤)

2022/10/20

「理解すれば面白い」

時事的な話題を振ってくる中3生がいます。
先日も「先生~、岸田さん、自分の息子を秘書官にしましたよね。今の時期にありえないですよね」と。
この生徒は、今の政治に興味があるのか色々とよく知っています。そこで自分も「そう、これだけ内閣の支持率が低いときに、ありえないよね」、「実は、岸田さんは、将来自分の息子に地盤を引き継がせようと考えていて、今のうちに経験を積ませたいから秘書官に任命したんだよ。」と返してあげました。

このような生徒はまれで、多くの生徒は自分の担当教科である社会の公民、特に政治分野を難しいものだと思っています。そこで、極力今話題になっているような時事ネタを織り込みながら授業をするようにしています。

例えば、授業の一場面から。

 

関澤:なぜ安倍さんの国葬が問題になっているのか、それは大きく2点あるんだよ。まず1点目が、決定されたのが閣議でだからなんだ。国として、そして国のお金を使うということは国の決定機関で決めないといけないよね。国権の最高機関ってどこ?

生徒:国会

関澤:そうだよね。国会で議論して決定しないといけないよね。じゃ、今国会は開かれているのかな?

生徒:え~っと…

関澤:国会には、どんな国会があった?

生徒:通常国会と臨時国会と特別国会。

関澤:通常国会は今開かれているの?

生徒:開かれるのは150日間なので、今は開かれていません。

関澤:通常国会は開かれていないけど、臨時国会は開けないんだっけ?

生徒:開けます。

関澤:そう、臨時国会を開いて議論すればいいんだよ。では第2の問題点は…

 

 

こんな感じで授業をすれば、難しい内容が身近なものに、また時事的な内容も何が問題なのかまでわかるのではないでしょうか。

そして、なにより興味を持てるようになってくれると嬉しいですね。

(関澤)

新規生徒受付中です。