BLOG

考える力 (野中)

2022/10/28

《考える力》

ある将棋のプロが
将棋をする子どもたちの保護者に向けた講演会でこんな話をしていました

”子どもが負けたとき、「なぜ負けたのか」親が教えてしまうと
子どもの考える能力がつかなくなる”

自分も教える立場なのでよくわかります
答えを教えるのは簡単だし
やり方を説明して、ハイ終わりにしてしまえば早く終わります
でも、それでは生徒たちの力はつきません

最初から全部を教えるのではなく
ヒントをあげたり
たとえ話をしてあげたり
生徒に自分で考える余地を作ってあげることが大事ですね

考える力は自分を成長させてくれます
みんなもいろんなことに興味を持ち
そして疑問を感じ
いろいろ自分で考えるようにしていきましょう

(野中)

期末テスト対策始まります
体験授業受け付けています