BLOG

言葉の力(中川)

2015/03/04
ロゴ

先日、サッカーW杯出場を決めた日本代表の選手たち。
私はサッカーについて、ものすごく詳しいわけではないけど、スポーツ全般にわたって、ある程度の知識ぐらいはあるつもり。 
今回の出場決定の立役者のひとりは、多分本田圭介選手ということになるのだろう。
その本田選手が小学校6年生の時に書いた作文を読む機会があった。
『将来の夢』というタイトルのその作文。
読んでいて、将来のことを書いていることを、思わず忘れてしまった。
その文章は、ほぼ『現在形』もしくは『肯定文』なのである。
例えば
「ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいというより、なる。」
冒頭からこれだ。
「世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。だから今ぼくはガンバっている。・・・・(中略)ガンバって必ず世界一になる。」
「世界一になったら、大金持ちになって、親孝行する。」
「Wカップで有名になって、・・・(中略)セリエAに入団する。・・・レギュラーになって10番で活躍します。」
などなど・・・(ま、小学生だから常体と敬体は入り混じってます・・・)。契約金のことも書いてあったり、W杯では決勝でブラジルと戦い、

2対1で勝つとか、プーマと契約して自分のデザインのスパイクやジャージを作るだとか・・・。
まるで、履歴書のように、そして細かく、将来の夢というより、将来の設定があたかも現在進行形のように書かれている。

そこに、とてつもなく強い意志を感じずにはいられない。
「~なりたい」「~したい」では、彼の思いが描けなかったんだろう。
いつも、未来で活躍する自分をイメージしていたんだろう。
そんな思いが、書かれた言葉のあちこちからにじみ出ている。

うちの生徒のみんなにも
描いている夢があるなら、言葉にしてみるといい。
自分の思いが明確になることだろう。

まだ夢を探しているならば、試していけばいい。
試していく中で、感想でもいいから、ひとつひとつを言葉に残してみるといい。
きっと、自分の好きなことや合うことに出会えると思う。

私もこれから
もっともっと言葉を大切に、生きた言葉を発していこう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
学習塾プラスワン
http://www.plus-one2008.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県豊橋市天伯町春日野103-8
TEL:.0532-21-5885
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆